<コンプレッションウェアは動きやすい?>

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)などの加圧シャツと比べ、よりスポーツを本格的にする人に向いていると思われるコンプレッションウェア

メーカーによっては、トレーニングの内容に合わせたコンプレッションウェアもあるようだ。

特定のスポーツをやる人には、自分に合うものを選べていいかもしれない。

●マラソン用
●ウィンタースポーツ用
●サッカー・野球用

例としては上記のようなものがあり、そのスポーツに合わせた設計を研究され作られているので、機能が複雑になるほど価格も上がっていく傾向があるようだ。

<コンプレッションウェアの加圧力は、加圧シャツより弱い?>

僕は以前、あるメーカーのコンプレッションウェアを購入したことがあるのだが、
その商品の加圧力はMORE PRESSURE(モアプレッシャー)よりもやや弱く感じた。

コンプレッションウェアも種類が多いので、その商品だけかと思って色々調べてみた結果、どうやら一般的なコンプレッションウェアの加圧力は、加圧シャツより弱いと感じる意見が多いようだ。

コンプレッションウェアは、スポーツ時のパフォーマンスを上げることを目的としているので、やはり動きやすさが重視されている。

身体に圧力をかけながらも、スムーズに身体を動かせるようになっているのだ。

反対に、加圧シャツを着てトレーニングした場合、いつもより身体を動かしにくいことが分かる。

身体に負荷をかけた状態でトレーニングすることにより、効率的な筋力アップに繋がるのだ。

<筋トレをする人や、姿勢矯正をする人は加圧シャツを使おう!>

僕のように、運動の内容が筋トレ中心になっている人には、コンプレッションウェアよりも加圧シャツを使った方が効果的なようだ。

そして、強い加圧力によって得られるメリットはトレーニングの成果向上だけではない。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)のように、加圧力が強く、姿勢を矯正するための設計が施されているものは、猫背を改善するのにも効果的だ。

僕はひどい猫背だったので、少しの圧力を加えたくらいでは改善されず、すぐに元に戻ってしまう。

過去にコンプレッションウェアを着てみたときも、着圧は程良くあったので姿勢は良くなりそうだとは感じたが、やはりMORE PRESSURE(モアプレッシャー)に比べると矯正力は弱かった。

筋トレをする人だけでなく、悪い姿勢を治したい!という人にとっても、コンプレッションウェアより加圧力の強い加圧シャツを使うことをおすすめしたい。

<加圧シャツを使うなら、加圧力の強い商品を選ぼう>

上でまとめたように、加圧シャツならではの利点もあるので、“高い加圧力を求めるならば、コンプレッションウェアより加圧シャツを使った方が良い“というのが僕の考え方である。

そのために大事なことは、加圧力の強い商品選びだ。

僕の経験上、加圧シャツの中にも着圧効果が弱い商品もあるので、購入する際は注意して、良い加圧シャツを選ぼう^^