僕が加圧インナーを着ようと思ったきっかけ

僕が加圧インナーを着るようになってから、
筋トレの甲斐もあって少しずつ体重や筋肉量に変化が現れてきている。

そもそも僕はなぜ肉体改造をしたいと思い始めたのか?

きっかけは、1年くらい前だった。

自宅の引っ越しのため荷物整理をしていると、自分が20代前半の頃の写真を発見した。

今と比べて見ると、明らかに体の締まり方が違っている。
年齢とともに体重が増加したこともあるけど、
筋肉の量が減っていることが写真からでも明らかに分かった。

自分の体の変化には鈍感になりがちだけど、十数年でこんなにも変わるものかと、ショックを受けた。

同時に、20代前半の頃は僕も結構イケてたんだなぁとも思った(笑)

<かっこ良くて、若く見える人は何が違う?>

自分の体型の変化にショックを受けたとき、
ふと会社の同期のことが思い浮かんだ。

彼は僕と同年齢だけど、周りから「5歳は若く見られる」とよく言われている。

それは何故かと考えてみると、体を鍛えているからなんだよね。

凄いマッチョっていうわけでもないけれど、筋肉が程よくついていて、
無駄な贅肉がないから、シュッとして見える。

姿勢もいつも良いから、それだけで「仕事ができるオーラ」が出てて、
あまり関わったことのない人からもよく頼られるらしい。

そして一番羨ましいのが、彼はモテるということ。

彼は顔が特別良いというわけではないんだけど、恋愛に関する数々の武勇伝を聞かされて、
同い年なのによくそんな元気があるなぁと感心していた。

社外はもちろんだけど、社内の女の子からも評判が良いらしく、
彼女たちの僕への態度と、彼への態度がなんか違って感じるんだよね。

決して僕がぞんざいな扱いを受けているわけではないよ、念のため(笑)

そんなことを感じ始め、僕も体を鍛えることで何か変わらないかな?と思っていたんだ。

<効率的に筋力をアップするために何をしたらいい?>

僕の課題は、贅肉を落とすことはもちろんだけど、とにかく見た目がかっこよくなりたいから、筋肉もつけたいし、姿勢も良くなりたいと思っていた。

何か運動をして鍛えなければいけないと思ってたんだけど、実はトレーニングを始めようと思ったのはこれが初めてじゃない。

今まで、肉体改造を試みては、続かずに挫折した経験が何度もあった。

その肉体改造の内容は色々で、
ハードな筋トレや、プロテインを飲んだり、食事制限などをしていた時期もあった。

でも、仕事が忙しいときは家に帰るのが遅くなるし、クタクタの状態で筋トレなんか出来ない。
ついつい「明日やればいっか」って甘えが出てくるんだよね。

結果、次の日もやらずに、いつの間にか目標を立ててたことすら忘れてしまう。

プロテインや食事制限も、付き合いで飲みに行くことも多いから、なかなか自分の思うようには実行出来なかった。

こうやって、生活が忙しいから〜とか色々言い訳してるけど、結局は辛いことをしたくないだけなんだよね。

そこからなぜ加圧インナーを買おうと思ったのか?
それについては、また次回の記事でお話ししますね。