加圧シャツはどんなときに着るのが効果的なの?

僕は筋トレのときはもちろん、仕事に行くときも
加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着るようにしている。

初めて加圧シャツを着たときは、締め付けが強いため苦しくなるほどだったが、
段々と慣れてきて、普段から着ていても特に問題は感じていない。

むしろ長時間着ることにより、姿勢が改善されて身体の調子が良くなってきている。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)は他の商品よりも加圧力が強いので、
慣れない内は短時間の着用で、徐々に着用時間を増やしていくことをおすすめする。

では、どんなときに加圧シャツ(加圧インナー)を着たらいいのだろうか?

今回は、そのタイミングについて書いていくね。

筋肉トレーニングなど、運動をするときはいつも加圧シャツを着るようにしよう!

これはお約束だけど、1番のおすすめは筋トレのときやウォーキングなどの運動をしているときだ。

加圧シャツのメリットである、「血流を制限する状態を作り出す」ことや、
「正しい姿勢で運動が出来る」というメリットがうまく働くので、普通に運動をするより効果が出るだろう。

筋肉の無駄な動きを抑えて、疲労を軽減するとも言われているので、
快適にトレーニングするためにも加圧シャツを活用しよう。

デスクワークをしているときにも加圧シャツはおすすめ!

僕は会社や家でもPCを使うことが多いんだけど、机に座って作業しているときにも加圧シャツはおすすめだ。

デスクワークの人にはよく理解してもらえると思うけど、机に座っているときってついつい姿勢が悪くなっちゃうよね?

悪い姿勢が習慣化すると、肩こりや腰痛にもつながるから、悩んでいる人は結構多いはず。

加圧シャツを着ているときは、自然と背筋が伸びるので、知らず知らずの内に前かがみになるのを防いでくれる。

僕はMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を使い続けるまでは、結構肩こりがひどかったんだけど、最近減ったよう な気がする。

今までは気がつかなかったんだけど、姿勢が良くなることで身体の調子ってだいぶ変わるんだよね。

食事のときに着ると、食欲を抑えてくれる

僕は結構な大食いだったんだけど、加圧シャツを着て腹部が圧迫されると、食欲が自然とセーブされるのを感じる。

食事量をコントロールしたいけど、大食いの生活に慣れてしまい自分では改善できない…という人にはぜひ試してほしい。

加圧シャツを着て食事量を減らすことに慣れたら、胃も食べる量を覚えて自然と食欲を抑えられるようになると思う。

ここぞという大事な場面でも加圧シャツはおすすめ!

大事な発表の場やデートのとき、「自分をいつもよりかっこ良く見せたい!」と思うときはあるよね?

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着ると、引き締め効果で身体が痩せて見える上、姿勢も矯正される。

その場しのぎと言われたらそれまでだけど、急な場面で一時的にでも良く見せたいときは、加圧シャツを活用しよう(笑)