睡眠中に加圧シャツを着るとどうなる?

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)という加圧シャツを着ながら、筋トレをやり続けて3ヶ月経ったときの話。

その頃にはすっかり加圧シャツにも慣れ、トレーニングの要領を掴んできていた。

筋トレも特に苦痛に感じることもなく、毎日の習慣として難なく続けることが出来ていた。

3ヶ月経ったときの身体の変化は、以下の通りだ。

●体重 72kg→69kg
●体脂肪率 20%→17%
●腹囲 81cm→77cm

それまで、体重は減ったり増えたりと変化が多かったが、だいぶ安定していた。
なんといっても腹囲が肉体改造開始時より4cmも減っていたのが嬉しかった。

そこで、より結果を出したくなり、ふと気になった…

それは“加圧シャツを睡眠中に着るとどうなるのか?”
ということだ。

早速、加圧シャツを着て睡眠をとってみた

この頃、僕はMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を毎日会社に行くときや、休日出かける時もインナーとして着るようにしていた。

強い加圧により体が引き締まったように見え、姿勢も良くなってモチベーションアップに繋がっていたからだ。

初めて加圧シャツを着たときはその強い圧力にびっくりしたので、寝るときに着るなんてとても無理だった。

しかし日常的に着用するようになったので、 加圧シャツを着て寝ることも出来るはずだと思った。

早速、 MORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着て睡眠をとってみた。

一晩寝てみての個人的感想だが…

どうやら僕には合わなかったようだ(笑)

これまでに何度も書いてきたように、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)は強い着圧感がある。

その加圧力が、効率的なトレーニングを生み出しているのだが、
引き締めが強いため僕はなかなか寝付くことができなかった。

そして、普段からMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着ながらトレーニングをしている僕は、加圧シャツを着ている間はすっかりトレーニングモードになってしまい、睡眠に大事なリラックス感を得ることが出来なかったのだ。

そんなわけで、僕にとっては睡眠中に加圧シャツを着ることはあまり良くなかったのだが、それが逆に加圧シャツのメリットだということに気が付いた。

加圧シャツを着ることにより、集中力が増す

これは僕の個人的な意見なのだが、
加圧シャツを着ることにより、トレーニング中の集中力が高まる気がする。

僕にとっては戦闘服のようになっていて、加圧シャツを着ることによって身体がいつもと違う感覚になるから、やる気が出てくるんだ。

これに関しては個人差があると思うけど、パフォーマンス向上という意味では僕にとっては大きいメリットだ。

僕が加圧シャツを仕事中に着るのも、姿勢が良くなり気持ちがシャキッとするという目的も含まれている。

だから、加圧シャツがオンオフの切り替えになる人には睡眠中に着ることは向かないかもしれない。

ただ、個人差があると思うので、睡眠中に加圧シャツを着ていて苦しさを感じない人だったら、24時間着ていてもいいかもしれないね。