肉体改造には、筋トレと同時に食生活も重要

これまで、加圧シャツ(加圧インナー)の効果がある人とない人の生活習慣の違いについて、何度か書いてきた。

筋肉増強やダイエットをするにあたって、加圧シャツは効率的なトレーニングをサポートしてくれるアイテムになる。

着ているだけだったら、引き締め効果で痩せて見えたり姿勢が良くなったりして、
見た目に関してはすぐに変化を感じると思う。

特に、僕が繰り返し使っているMORE PRESSURE(モアプレッシャー)は加圧力が強く、身体の最適な部位に圧力がかかる構造になっているので、その効果は抜群だ。

しかし、実際の筋肉量や体重などは、筋トレなどの運動をしていなければほぼ変わらない。

だから本当に効果 を感じるためには、運動を継続するのが重要ということである。

しかし、運動をしているにも関わらず効果を感じないという人も中には居るようだ。

そのような人は、食生活が原因となっているかもしれない。

1日の中で、多くの時間運動をしている人だったらその分エネルギーを補給しなければいけないと思うが、
僕のように1日短時間の筋トレで効果を出したい人であれば、
食生活を全く気にしていないなら減量は出来ないだろう。

<食生活に関して、僕が心がけていること>

僕は肉体改造を始めてから、食生活を少しは気にするようになった。

しかし以下のような内容なので決して難しいものではない。

●暴飲暴食をしない
●お酒を控える
●栄養が偏り すぎないようにする

ちゃんとカロリー計算をしているわけではないし、お酒も少しは飲んでいる。

結構大雑把だけど、これでも以前に比べたら大分改善したのである。

以前の僕は、お酒を1日の目安量を超えて毎日飲んでいた。

しかも自炊をしないので、外食ばかりしていて、ただ好きなものばかり食べ、野菜をあまり摂っていなかった。

今はお酒を飲む日を週に3回までと決め、適量にとどめている。

自炊は今でもしないが、外食や買って済ませるときは野菜を摂るようにし、夜の食事量を減らしている。

以前がひどい食生活だったので、僕としては結構頑張ってるんだけど、
普通の人にとってはそんなに大変なことじゃないよね?

<お腹が加圧される ことにより、食欲が抑制される!>

僕が普段からMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着るようになって、気がついたことがある。

それは、「食欲が抑えられる」ということだ。

以前の僕は、1回の食事で結構な量を食べていた。

しかし加圧シャツを着ているときは、お腹も加圧されているので、量があまり入らないのだ。

だから、昼食や夜に外で食べるときは、自然と食欲がセーブされる。

そんな生活を続けているうちに、体が適切な食事量に慣れて、
今では暴食や間食をすることはなくなった。

こうやって今までの生活を振り返っていると、つくづく僕は
MORE PRE SSURE(モアプレッシャー)によって体質が変わったんだなぁとしみじみ思う。

加圧シャツにはこのような効果も期待できるので、以前の僕のように食事をコントロールできない人は、
加圧シャツを普段着として使ってみてはどうだろうか。