加圧シャツを着る前の僕の身体

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)という加圧シャツを着ながら、筋トレを続けている僕。

今現在、使い続けて1年ほどになるが、
肉体改造を始めた頃より体重は7kgも落ちた。

この1年間で、見た目としてはだいぶ脂肪が減り、筋肉量が増えた。

当初目指していた「かっこいい体型」に、日々近づいているのを感じている。

そんな僕の、筋トレを始めてから今までの身体の変化について書いていくね。

まずトレーニング開始時の体重は以下の通りだ。

●身長170cm
●体重72kg
●体脂肪率20%
●腹囲81cm

理想体重は色々な求め方があると思うが、僕が調べたところ、当時の僕の体重はギリギリ普通の範囲内で、肥満の一歩手前のようだった。

<まずは、目標とする体重を決める>

当時の僕は、服を着ている状態だったら周りの人からは普通体型に見えていたと思う。

しかし、服を脱ぐと気になっていたのがお腹周りである。

20代前半の時は、体重は約10kg軽く、お腹も全く出ていなかった。

僕が痩せたいと思ったきっかけは、昔の写真と現在を見比べたからだ。

そこで、最終的にこうなりたいと立てた目標は以下の通りだ。

●体重62kg
●体脂肪率12%
●腹囲73cm

ちょっと目標を高くし過ぎかな?とも思ったが、加圧シャツを用いて地道にトレーニングするつもりでいたので、期限は設けないことにした。

そうして、数ある加圧シャツの中からまずMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を購入し、筋トレをする日々が始まった。

<肉体改造開始から3ヶ月後の僕の体重の変化>

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)を使い始め、最初は1日10分、3ヶ月目以降は1日15分のトレーニングを続けていた。

3ヶ月後の変化は、以下の通りだ。

●体重 72kg→69kg
●体脂肪率 20%→17%
●腹囲 81cm→77cm

この時点で、加圧シャツの効果をかなり感じた。

これまでの僕は何度もダイエットを試みたことがあった。

そのときは、結構ハードなトレーニングをしていたので、当然体重の変化も同じようにあった。

しかし、同じくらいの変化にも関わらず、今回のトレーニングは1日短時間なので、身体の疲れ方が全然違うのだ。

今までのトレーニングの場合、筋トレを頑張った次の日は身体に疲れが残っていて、日を重ねるごとにどんどん疲労が蓄積されている感じがしていた。

そんな中で更にハードなトレーニングをしていたので、運動や努力が元々苦手な僕はすぐにやめてしまい、2ヶ月以上続いたことが無かった。(苦笑)

しかし加圧シャツを使ってからというものの、苦痛にはならないのにしっかりと結果がついてくる。

このときは数字だけでなく、見た目にも変化が現れ始めていた。

体脂肪が減ったことと、繰り返しMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着続けることにより姿勢が良くなっていたのだ。

この調子で、目標に近づくためにさらに頑張ろうと思った。

肉体改造には、筋トレと同時に食生活も重要

これまで、加圧シャツ(加圧インナー)の効果がある人とない人の生活習慣の違いについて、何度か書いてきた。

筋肉増強やダイエットをするにあたって、加圧シャツは効率的なトレーニングをサポートしてくれるアイテムになる。

着ているだけだったら、引き締め効果で痩せて見えたり姿勢が良くなったりして、
見た目に関してはすぐに変化を感じると思う。

特に、僕が繰り返し使っているMORE PRESSURE(モアプレッシャー)は加圧力が強く、身体の最適な部位に圧力がかかる構造になっているので、その効果は抜群だ。

しかし、実際の筋肉量や体重などは、筋トレなどの運動をしていなければほぼ変わらない。

だから本当に効果 を感じるためには、運動を継続するのが重要ということである。

しかし、運動をしているにも関わらず効果を感じないという人も中には居るようだ。

そのような人は、食生活が原因となっているかもしれない。

1日の中で、多くの時間運動をしている人だったらその分エネルギーを補給しなければいけないと思うが、
僕のように1日短時間の筋トレで効果を出したい人であれば、
食生活を全く気にしていないなら減量は出来ないだろう。

<食生活に関して、僕が心がけていること>

僕は肉体改造を始めてから、食生活を少しは気にするようになった。

しかし以下のような内容なので決して難しいものではない。

●暴飲暴食をしない
●お酒を控える
●栄養が偏り すぎないようにする

ちゃんとカロリー計算をしているわけではないし、お酒も少しは飲んでいる。

結構大雑把だけど、これでも以前に比べたら大分改善したのである。

以前の僕は、お酒を1日の目安量を超えて毎日飲んでいた。

しかも自炊をしないので、外食ばかりしていて、ただ好きなものばかり食べ、野菜をあまり摂っていなかった。

今はお酒を飲む日を週に3回までと決め、適量にとどめている。

自炊は今でもしないが、外食や買って済ませるときは野菜を摂るようにし、夜の食事量を減らしている。

以前がひどい食生活だったので、僕としては結構頑張ってるんだけど、
普通の人にとってはそんなに大変なことじゃないよね?

<お腹が加圧される ことにより、食欲が抑制される!>

僕が普段からMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着るようになって、気がついたことがある。

それは、「食欲が抑えられる」ということだ。

以前の僕は、1回の食事で結構な量を食べていた。

しかし加圧シャツを着ているときは、お腹も加圧されているので、量があまり入らないのだ。

だから、昼食や夜に外で食べるときは、自然と食欲がセーブされる。

そんな生活を続けているうちに、体が適切な食事量に慣れて、
今では暴食や間食をすることはなくなった。

こうやって今までの生活を振り返っていると、つくづく僕は
MORE PRE SSURE(モアプレッシャー)によって体質が変わったんだなぁとしみじみ思う。

加圧シャツにはこのような効果も期待できるので、以前の僕のように食事をコントロールできない人は、
加圧シャツを普段着として使ってみてはどうだろうか。

加圧シャツの効果がない人はどんな人?

今まで別の記事でも書いてきた通り、加圧シャツ(加圧インナー)は筋トレのサポートをしたり猫背を正しい姿勢に矯正するというメリットがある。

それによって、筋肉増加やダイエットに効果を発揮してくれる。

僕自身は、加圧シャツ(加圧インナー)を着用しての筋トレを1年間続けてきて、
-7㎏の減量と筋肉増量に成功している。

だから、今僕がリピートして使っている加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)は効果があるアイテムだと、自信を持っておすすめできる。

しかし、加圧シャツを使っている人の中には全く効果がなかったという声もあるようだ。

色々な商品の口コミやサイトを見て、加圧シャツの効果がなかった人の共通点が見えてきた。

原因として次のような場合が多いようだ

●筋トレなどの運動をしていない
●筋トレを休み休みやっていて、実質の運動時間が少なすぎる
●食生活を全く気にかけていない
●加圧力のある商品を選んでいない

加圧シャツは着るだけで効果があるものではない

あまり効果を感じなかったという人は、
”加圧シャツを着続けたものの、運動をしていなかったり、運動時間が少なすぎる”という特徴があるように思える。

別の記事でも書いているように、加圧シャツ(加圧インナー)は
着ているだけで筋肉をつけたり、ダイエットができるというものではない。

僕はこの1年間、筋トレをほぼ毎日やってきた。

しかしずっと休みなくトレーニングしていたわけではない。

筋トレ開始から4ヶ月ほど経ったとき、仕事が忙しくなり凄く疲れている日が続き、
2週間ほど全く筋トレをしなかった時期がある。

もちろん、その期間は体重も体脂肪率もあまり変化がなかった。

やはり加圧シャツの効果を感じるには日々の運動が大事なのだと改めて思った。

<短時間で効率的にトレーニングが出来るから続く>

ここまで読んでいて、
「結局、日々の筋トレが大事だったら
加圧シャツはあっても無くても変わらないんじゃないの?」
と思う人も居るんじゃないかな。

でもそういうわけでは無いのだ。

加圧シャツの「筋トレをサポートする」メリットはとても大きい。

僕は今でこそ1日20分の筋トレを日課にしているが、
最初の頃は2日に1回しかトレーニングをしていなかったし、時間もわずか10分と短かった。

僕も元々はハードな運動が苦手なので、1日に短時間の運動じゃないと絶対続かないと思っていたんだ。

でも、もしMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着ずに普通にトレーニングしていたとしたら、
そんな短時間の運動量では今のような結果は出てなかったんじゃないかな。

<体が引き締められることで、短時間でも集中できる>

加圧シャツの加圧力により、得られる効果はたくさんある。

●血流を制限するため、低負荷で短時間のトレーニングで効果が出る
●目的以外の筋肉が動くことを避け、余分な疲労を減らす
●強い締め付けでいつもと違う感覚になり、トレーニングに集中できる

これらの効果は、普通のTシャツでは得られないものだ。

だから加圧シャツは短時間の筋トレでも充分に結果が出る。

1日短時間とはいえ、続けることが難しいと感じる人も居るかもしれないが、
僕のように最初の2〜3ヶ月で結果が出始めたら、だんだん楽しくなってくると思う(笑)

加圧シャツの効果は大きい!

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)という加圧シャツを着ながら、筋トレを続けている僕。

今現在、使い続けて1年ほどになるが、
肉体改造を始めた頃より体重は7kgも 落ちた

この1年間で、見た目としてはだいぶ脂肪が減り、筋肉量が増えた。

当初目指していた「かっこいい体型」に、日々近づいているのを感じている。

しかし、これだけの効果があるにも関わらず、トレーニングを苦痛に感じてはいない。

筋トレをしている人の中には「辛いトレーニングが大好きだ!」っていう人もいるみたいだけど…

僕は辛いことは嫌いなのである。

とは言え、毎日続けていることは僕にとっては大きな進歩なのだが、やはり続けられる理由はトレーニング内容が簡単だからだ。

短時間で、身体に大きな負担をかけず、疲労を残さない。

それが実現できるのも、 MORE PRESSURE(モアプレッシャー)のサポート力のおかげだと思っている。

だから僕にとっては加圧シャツの効果は絶大なのだが、ネットの口コミを見ていると、色んな加圧シャツを試しても全く効果がないという人も居るようだ。

加圧シャツの効果がある人はどんな人?

僕も最初はネットで”加圧シャツ”や”加圧トレーニング”というものを知ったので、商品サイトの口コミはよく見ていた。

より良い加圧シャツを探すため、加圧シャツを愛用している人のブログも参考にすることがあるんだけど、どうやら加圧シャツに効果を感じる人と感じない人が居るのには理由があるようだ。

色々な意見を見た結果、加圧シャツによって筋力アップやダイエットに成功している人の特徴として、以下のようなものがあると感じた。

●毎日トレーニングを継続している

●短時間でも、集中してトレーニングをしている

●筋肉トレーニングだけでなく、食事にも気を付けている

●加圧力が強く、姿勢矯正効果のある商品を選んでいる

これらは、僕にも当てはまる。

これまでにも何回か書いてきたが、加圧シャツは“着ればそれだけで効果がある”というものではない。

少ない運動で、大きな効果を得られる加圧トレーニング

意外と誤解している人が多いようだけど、加圧シャツはあくまで筋トレをサポートするものなんだ。

ただ、僕にはそんな誤解をしてしまう人がいる理由もよく分かる。

色々な加圧シャツ(加圧インナー)を売っているメーカーがあるけれど、商品のキャッチコピーとして
「着るだけで夢のシックスパック!」とか、
「着るだけで代謝を促進して痩せる!!」というようなことを書いている場合も多いからね(^_^;)

確かに、そんな商品があったらとても魅力的だ…。

僕のようなめんどくさがりで飽きっぽい人は、飛び付いてしまうだろう。

でも残念ながら、ダイエットや筋肉増強には、必ず継続的なトレーニングは必要になってくる。

でも、出来るだけ少ない努力でより大きな効果が得られるのなら、やってみる価値はあるよね?

それを叶えてくれるのが、加圧シャツなんだ。

口コミを見ると、僕のように今までは辛い筋トレが続かなかった人でも、加圧シャツを着ることで成功したという例が多くある。

短時間でも成功した例は沢山あるので、加圧シャツに効果を感じなかった人は、ぜひトレーニングを続けてみて欲しい。

加圧シャツはどんなときに着るのが効果的なの?

僕は筋トレのときはもちろん、仕事に行くときも
加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着るようにしている。

初めて加圧シャツを着たときは、締め付けが強いため苦しくなるほどだったが、
段々と慣れてきて、普段から着ていても特に問題は感じていない。

むしろ長時間着ることにより、姿勢が改善されて身体の調子が良くなってきている。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)は他の商品よりも加圧力が強いので、
慣れない内は短時間の着用で、徐々に着用時間を増やしていくことをおすすめする。

では、どんなときに加圧シャツ(加圧インナー)を着たらいいのだろうか?

今回は、そのタイミングについて書いていくね。

筋肉トレーニングなど、運動をするときはいつも加圧シャツを着るようにしよう!

これはお約束だけど、1番のおすすめは筋トレのときやウォーキングなどの運動をしているときだ。

加圧シャツのメリットである、「血流を制限する状態を作り出す」ことや、
「正しい姿勢で運動が出来る」というメリットがうまく働くので、普通に運動をするより効果が出るだろう。

筋肉の無駄な動きを抑えて、疲労を軽減するとも言われているので、
快適にトレーニングするためにも加圧シャツを活用しよう。

デスクワークをしているときにも加圧シャツはおすすめ!

僕は会社や家でもPCを使うことが多いんだけど、机に座って作業しているときにも加圧シャツはおすすめだ。

デスクワークの人にはよく理解してもらえると思うけど、机に座っているときってついつい姿勢が悪くなっちゃうよね?

悪い姿勢が習慣化すると、肩こりや腰痛にもつながるから、悩んでいる人は結構多いはず。

加圧シャツを着ているときは、自然と背筋が伸びるので、知らず知らずの内に前かがみになるのを防いでくれる。

僕はMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を使い続けるまでは、結構肩こりがひどかったんだけど、最近減ったよう な気がする。

今までは気がつかなかったんだけど、姿勢が良くなることで身体の調子ってだいぶ変わるんだよね。

食事のときに着ると、食欲を抑えてくれる

僕は結構な大食いだったんだけど、加圧シャツを着て腹部が圧迫されると、食欲が自然とセーブされるのを感じる。

食事量をコントロールしたいけど、大食いの生活に慣れてしまい自分では改善できない…という人にはぜひ試してほしい。

加圧シャツを着て食事量を減らすことに慣れたら、胃も食べる量を覚えて自然と食欲を抑えられるようになると思う。

ここぞという大事な場面でも加圧シャツはおすすめ!

大事な発表の場やデートのとき、「自分をいつもよりかっこ良く見せたい!」と思うときはあるよね?

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着ると、引き締め効果で身体が痩せて見える上、姿勢も矯正される。

その場しのぎと言われたらそれまでだけど、急な場面で一時的にでも良く見せたいときは、加圧シャツを活用しよう(笑)

他の加圧シャツも購入してみた結果!!

筋トレ開始から2ヶ月経つまで、僕が筋トレ時に着用していたものはMORE PRESSURE(モアプレッシャー)ばかりだった。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)には何の不満もなかったが、
もしかすると他の加圧シャツ(加圧インナー)を試してみたら
もっと効果が生まれるかもしれないと思い、他の商品も注文してみることに決めた。

いつも通りネットで口コミを見て、比較的評価が高く、
値段もMORE PRESSURE(モアプレッシャー)ほどではないが手頃なものを購入することにした。

その加圧シャツメーカー(ここではA社と呼ぶことにする)の加圧シャツは、
MORE PRESSURE(モアプレッシャー)と同じく半袖で、色が白と黒から選べる。

後々色々なメーカーの加圧シャツを購入する内に分かったが、やはりMORE PRESSURE(モアプレッシャー)のように「ネイビー」を取り揃えているメーカーは少ないようだ。

とりあえずそのときは、無難な白を購入することにした。

A社の加圧シャツが届き、着用した感想

注文したA社の加圧シャツが手元に届いた。
袋から出して、広げてみる。
見た感じは、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)と同じくらいの横幅である。

しかし、丈の長さが少し違う。

それでも、実際着用してみると、お腹がすっぽりとおさまったので、安心していた。

着圧も僕の感想だとMORE PRESSURE(モアプレッシャー)と同じくらいのように感じた。

これはもしかして結構良いものを買ったんじゃないか?と思いながら、いつも通りトレーニングをやってみた。

…しかしトレーニングをしていて、ある欠点に気がついた。

加圧シャツがだんだんと上にずれてきて、お腹が出てくるのである。

直しても直してもすぐにずれてきてしまい、
腹筋をしているときは、より頻度が高くなる。

加圧シャツ(加圧インナー)の特徴のひとつに、
「トレーニング時、加圧されることにより動く必要のない筋肉の動きを防ぐ」
というサポート機能があるのだが、これではあまり意味がない気がしてきた。

結局この日のトレーニングは、新しく買った加圧シャツを脱ぎ
MORE PRESSURE(モアプレッシャー)に着替えて行うことにした。

トレーニング内容はいつも通りではあったものの、
やはりMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着てのトレーニングは快適に感じた。

A社の加圧シャツの総合的な評価

着圧感はMORE PRESSURE(モアプレッシャー)と同じくらいで、
姿勢矯正効果や着痩せ効果は充分あるように感じた。

しかし、丈が短いということが、僕にとって大きなマイナスポイントだった…

僕のお腹が出ていたからかもしれないが、普段着として着ても、歩いている内に丈がめくれてくるのである。

「痩せたら着よう」
そう思い、どこかに閉まったきりだ。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)より断然安かったならそのまま使うことも考えたかもしれないが、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)より値段は少し高かった

当然、僕はこれまで通りMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を使い続けることにした^^;

加圧シャツのモアプレッシャーを着用して2ヶ月

僕がMORE PRESSURE(モアプレッシャー)という加圧シャツを着用してのトレーニングを初めて2ヶ月が経ったときの話。

そのときまで僕は毎日10分間、下記のメニューをこなしていた。

●腕立て伏せ
●腹筋
●背筋
●スクワット

そして加圧シャツのモアプレッシャーを着用してから2か月経った日、体重と体脂肪、腹囲を計測してみたら、変化が現れていたのだ。

●体重 72kg→70.5kg
●体脂肪率 20%→18%
●腹囲 81cm→78cm

なんと、全ての項目が順調に減ってきている。

体重に関しては僕は日頃から増減するタイプだったので、あまり気にしないようにしようと思っていたが、

体脂肪率と腹囲が落ちていたのは嬉しかった。

特に、腹囲に関してはマイナス3cmも減っているのである。

これまでやっていたことは、加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着用しての筋トレと、食事制限のみ。

食事制限に関しては、暴飲暴食をせず、お酒を控えめにし、栄養素が偏らないようにしていたということくらいで、決して無理はしていない。

筋トレも、1日に短時間で、体に疲労は溜まらないようにしていたので、この成果はやはり加圧シャツのトレーニング補助によるものだと思った。

まだ目に見えるほどの筋肉量の変化は無かったが、地道に頑張っていこうと思った。

 数字以外の身体の変化

筋トレを始めてからの変化は、体重などの数字以外にもある。

1番最初に加圧シャツを着たとき、
「背中が引っ張られて、めちゃくちゃ姿勢が良くなる!」と感じていたのだが、
2ヶ月経ったとき、その感じ方にも変化があったのである。

最初は、強制的に背筋を伸ばされる感覚で、苦しかった。
それもそうだろう…僕はひどい猫背だったからだ。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)には背中にV字バンドが搭載されていて、背中から肩にかけ強い力で引っ張ってくれるため、姿勢矯正にうってつけなのだ。

しかし、2ヶ月経ったとき、
「そういえば、着用していて前ほど苦しさを感じなくなったな…」と思った。

しかしあるとき、その理由が分かった。

猫背が、だんだんと直ってきた

いつも通り筋トレを終え、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)を脱ぎ、ふと鏡を見たとき、前より姿勢が良くなっているように見えたのだ。

これまでは、着用することにより強制的に正しい姿勢にされていたのだが、確実に身体は正しい姿勢を覚え始めていた。

僕はこのとき筋トレ時だけでなく、普段からインナーとしても加圧シャツを着るようになっていたため、加圧シャツを着始めるまでは前かがみのひどい姿勢だったが、徐々に改善されているようだった。

数字だけでなく、僕が最初の目標にしていた「かっこいい体型になる」ということが、こんな形でも現れ始めたのである。

もちろん、少し改善したとは言えまだまだ猫背だったし、気を抜くと昔の姿勢に戻ってしまうこともある。

だから油断することなく、これからも加圧シャツを使い続けようと思った。

筋トレに慣れてきて、加圧シャツ(モアプレッシャー)を毎日使うようになった

昔の体型を取り戻そう!と奮起して始めた肉体改造。

これまでどんなダイエットも筋トレも続かなかった僕だけど、

最初にMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を試して、加圧シャツと自分の相性の良さに気付いた。

数ある加圧シャツ(加圧インナー)の中で自分に合うものを探したいと思い、
コンプレッションウェア(アンダーアーマー)も購入して試してみたが、
やっぱり加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)の方が自分に合っていると気付いた。

コンプレッションウェアは、よりスポーツを本格的にする人に向いているものだと個人的に思ったからだ。

…とまぁこんな感じで、筋トレを始めて1ヶ月経つまでの間にも色々とあった。

僕の場合、

●最初の10日間は2日に1回、10分間のトレーニング
●11日目以降は毎日10分

…という風に徐々にトレーニングの習慣をつけていくことにしたので、
トレーニング開始後の1か月間では、筋肉量も体重も大きな変化は見られなかった。

スロースタートではあったものの、やっぱりやるからには結果を出したいし、とことん自分に合う方法を見つけたいと思っていた。

辛くなったり飽きてしまわないよう、自分に合った加圧シャツ(加圧インナー)を探すのは、大事なことだと思っていた。

着痩せ効果&姿勢矯正効果で、痩せて見えるように!

肉体改造をスタートして1か月後、加圧シャツの締め付けにも慣れたので、 MORE PRESSURE(モアプレッシャー) を会社に行くときのインナーとして着ることにした。

すると、まだあまり体重も筋肉量も変わってないのに、周りから痩せた?と聞かれたのである。

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)の着痩せ効果と、
姿勢矯正効果で背筋が伸び、いつもよりすらっとして見えたのだろう。

僕が肉体改造をしているということを話すと、皆興味が湧いたようで、どんなことをしているのか聞いてくる。

だから僕が加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を使っているということを話すと、

「サイズの小さい普通のシャツじゃ駄目なの?」と言われた(^_^;)

僕も加圧シャツを購入する前は半信半疑だったが、
実際に着てみると、やはり普通のシャツとは違うということが分かった。

加圧シャツは、普通のシャツでは代用できない

加圧シャツ(加圧インナー)はその強い引き締め感が特徴なのだが、単なる伸縮性の高い生地というだけではない。

背中やウエストラインなど、必要な箇所に最適な着圧を計算し、縫い上げられているのだ。

だから姿勢が良くなるし、筋トレをする際も不必要な部分の筋肉が動くのを防いでくれる。

僕も言葉では上手く説明できないんだけど、着てみたら上半身の各部位にちょうどいい加圧感がかかっているのが分かると思う。

特に加圧シャツの中でも MORE PRESSURE(モアプレッシャー)は普通のインナーと同じくらいの値段なのに機能的というところが魅力的なんだ。

新しくスポーツ用のインナーを買おうと思っている人は、加圧シャツを一度試してみてはどうだろう。

加圧シャツのモアプレッシャーを着て筋トレを続けた、僕の身体の変化

僕が肉体改造を始めてから、早いものでもう1年が経つ。

1年前に初めて加圧シャツ(加圧インナー)というアイテムを知ったのだが、明らかに今までの筋トレとは違う効果を感じている。

途中で加圧シャツを色々なものに変えて試してみたが、結局は「1番初めに購入したMORE PRESSURE(モアプレッシャー)が1番良い」という結論に行き着いた。

だから今はMORE PRESSURE(モアプレッシャー)ばかり着て、日々筋トレに勤しんでいる。

そんな僕の身体の変化だが、当時72kgあった体重は、順調に減っている。

なんと7kgの減量に成功し、今は65kgをキープしているのだ!

僕は身長が170cmなので、今はもう充分、一般的な理想体重の範囲内になっている。

(理想体重の求め方も色々あるけど、健康的な標準体重のようだ^^)

 

7kgも痩せれば、見た目もだいぶ変わる。

自分でも1年前の写真と比べると、顔周りがすっきりしてちょっとかっこよくなった気がする(笑)

1年以上会ってなかった友人と会ったときは、必ず驚かれるほどだ。

第一声で「痩せた!」とか「かっこよくなった!」とか言われるのが快感になっている(笑)

1番減らしたいと思っていたのがお腹周りの脂肪なんだけど、それも気にならない程度になった。

効率的な筋肉トレーニングなら、苦痛にならず続けられる

肉体改造をしたといっても、やっていることは1日短時間の筋力トレーニング普段の食事内容を変えたことくらい。

トレーニングは短時間ではあるが、徐々に筋肉が付きはじめて、見た目も締まってきている。

そんな僕が筋肉増加と減量に成功したのは、「加圧シャツ(加圧インナー)」を使うことによって効率的なトレーニングが出来ているからだ。

僕は現在、毎日必ず20分は筋トレをするようにしている。

休みの日はちょっと頑張って、30分くらい集中してトレーニングしている。

加圧シャツを着ることによって体に圧力がかけられているので、トレーニング中はきついけれど、それでも長くて30分なので耐えられる。

今まで僕がやってきたトレーニングは、頑張り過ぎて身体がついていかず、途中で挫折してしまった。

でも今回やっているトレーニングは、あまり身体に疲労が出ないし、時間がないときでも出来るものだ。

僕が今回の肉体改造に成功した秘訣は、加圧シャツ(加圧インナー)にあると言っても大げさじゃない。

コスパ的にも、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)が1番おすすめ!

今まで色々なダイエット法や筋力アップ法を試した僕が、本当に効果があると思っている加圧シャツ。

数多くの加圧シャツの中でも、1番良いと感じたものがMORE PRESSURE(モアプレッシャー)。

個人的な効果は他の商品よりも高いのに、リーズナブルで手を出しやすい。

だから金銭的にも辛くならずに、今まで続けられた。

加圧シャツの中で何を選ぶか迷っている人は、費用対効果を重視するならばMORE PRESSURE(モアプレッシャー)をぜひ試して欲しいと思う^^

まるで本当に痩せたかのような、加圧シャツのMORE PRESSURE(モアプレッシャー)の引き締め効果

加圧シャツを初めて着たときに驚いたことが、その強い締め付け感

そしてそれによって、上半身が引き締まって、まるで本当に痩せたように見えるということだった。

今まで何度も書いているように、加圧シャツは”あくまでも筋トレや運動をすることを前提として、トレーニングの効率アップを図る”サポートインナーである。

だから当然、着ただけでは実際の筋肉量や体重は変わらないんだけど、
見た目だけだったら「いつもよりスリムになった」と感じるはずだ。

僕は色んな種類の加圧シャツを試したことがあるけど、商品によって加圧力は違う。

中には「ちょっと小さい普通のTシャツ」のような、弱い加圧力ものもあった。

そんな中でも、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)の締め付け感はトップクラス。

加圧力が強いから、他の加圧シャツをきたときよりもMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を着たときの方がスリムに見えるんだ。

普段のインナーとして着れば、着やせ効果抜群!

加圧シャツはトレーニング中だけでなく、普段の洋服のインナーとしても着ることができる。

僕もMORE PRESSURE(モアプレッシャー)をしばらく使い続けて、締め付けに慣れてきた頃、会社に行くときにYシャツの下に着るようになった。

姿勢矯正効果もあるから、毎日着て正しい姿勢の癖をつけたいと思ったんだ。

初めてMORE PRESSURE(モアプレッシャー)を会社に着て行った日、会社の女の子から、「ちょっと痩せたんじゃないですか?」と聞かれた。

そのときはトレーニングを始めて間もなかったから、まだ筋肉量も体重も変わっていなかった。

しかも肉体改造を始めたことは、周りには言っていなかったんだ。
(今まで何回も筋トレ宣言してきたけど、結果が出たことが一度も無かったからね…^^;)

それでも人から痩せたと思われるくらい、MORE PRESSURE(モアプレッシャー)の着やせ効果は抜群だ。

嬉しくて、「これからも頑張ってトレーニングを続けて、本当にいい体になろう!」って、やる気がみなぎってきたんだ!

単純だけど、モチベーションが上がるのは良いことだよね^^

MORE PRESSURE(モアプレッシャー)は、カラーを黒、白、ネイビーから選べる。

もちろん、僕は全てのカラーを持っている。

そして、首元の形をVネックとUネックから選べるのが嬉しいポイントだ。

他の加圧シャツは、襟元が丸いUネックのものしかなかったりするんだけど、
UネックだとYシャツの下に着たときに、インナーが見えてしまうことがある。

だからMORE PRESSURE(モアプレッシャー)のVネックはインナーとして使いやすい。

ネイビーはなかなか他の加圧シャツには無い色だから、例えばジムで筋トレをする人なんかは周りとちょっと違って良いかもしれないね^^

ちなみに、僕の1番のお気に入りは、着るだけでかっこよくマッチョに見える黒のVネックだ。